お中元の基礎知識や贈る理由

日本のお中元と言われる風習は、もともとは中国から伝わったものです。中國では7月15日を中元と呼び先祖を供養する日でした。この風習が日本の仏教と混在することで始まりました。現在のお中元は「お盆の時期になれば感謝の気持ちを伝えるために、日頃お世話になっている人に品物を贈る」という行為です。

またお中元の時期は地域によって変わります。この点はとても重要なことで贈り物の時期を間違えることで、相手に対して失礼に当たることになるので注意が必要です。日本各地でも7月15日から81月5日頃までの地域が北海道です。それより早めの7月初旬から7月15日が、関東や東北の地域と言われています。

7月中旬から8月15日頃までが東海と関西、中国と四国の地域です。そして8月1日から8月15日頃までの地域が九州と言われています。また北陸は少し特殊で7月1日から7月15日の地域と、7月15日から8月15日の地域に分かれています。さらに沖縄は旧暦7月15日前後へ贈るしきたりがありますが、現在の暦では8月中旬頃から9月初旬頃に当たります。

そのため旧暦カレンダーなどを利用して正しい日にちを確認する必要があります。3000円から5000円程度がかかる金額の目安として一般的です。ただ特別にお世話になった人に対しては1万円以上のものを贈ることもありますが、あまり高価すぎたりするものはかえって相手に気を使わせてしまうことにもつながるのでこの点も注意が必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です