お中元におけるマナーとは

日本にはいくつもの年中行事があり、古くから伝承で行われているものほどマナーやルールが存在しています。元から年中行事は宗教や生活に関係するものが多くなっていて、実施するための意味や理由があることから、行う場合には長い間に定められた決まりを守る必要があるでしょう。お中元は七月中旬からお盆までの期間にお世話になった相手に物品を贈ることを目的にしていて、近年になってその物品の種類は変化していますが、基本的にその方法については変化していません。それは原則的には立場が目上の人に対して目下の者が贈ることになり、贈られた人がお礼をする必要は無いということです。

返礼をしないのは仏教的な儀礼では珍しくなっていますが、それは古来にお中元の起源が生じた時、感謝のために物品を贈呈する相手がその場所の有力者であったからです。今でも権力者に対して贈答品を行っても同じような物品で返礼することはなく、その代わりになるような言葉であったり世話をするといった行動を行っています。現代は本来の意味から外れて業務上の関係性を強化するためにお中元を実施することが多くなっていますが、ここにも仕事を提供したり相手先がいることで自分の業務が遂行できる場合があるので、基本的なルールを逸脱しているわけではありません。自分以外の人がお世話をするには多くの理由があり、その行動を当然と考えている人もいるでしょう。

しかし、相手を助けたいという気持ちほど崇高なものはなく、そのような人徳には目に見える形でお礼をすることは大事です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です