正しいお中元の知識とは?

お中元とは、普段お世話になっている人に感謝の気持ちを込めて、品物を贈ることで中国から生まれた風習です。中国では7月15日を中元と呼び、祖先を供養する日としておりその習わしが日本に伝わってきました。日本に伝わって後に仏教の風習と混ざり、今のお中元に変化したと言われています。地域によって贈る時期が異なっているので、それを把握せずに品物を贈ってしまうと、かえって失礼に当たってしまうので事前に確認することが大切です。

全国で贈る時期は地域によってかなり差がありますが、九州と沖縄を除くほとんどの地域で7月15日がお中元の時期になっています。沖縄では旧暦の7月15日前後に贈るようになっていて、沖縄に贈る場合は旧暦カレンダーで確認してから送るようにしましょう。いつ贈るか迷った時は、相手に尋ねるのが一番良いですが、聞きにくい場合は7月15日に届くように贈るのが無難です。お中元の相場としては相手との関係性にもよりますが、親族には3千円かから5千円程度、お世話になった方や仕事関係の人に贈るには、3千円から1万円程度とされています。

あまり高価なものにしてしまうと、相手に気を遣わせてしまいかえって迷惑になることもあります。また、相場だけではなく何を贈るかも重要で、相手の好みや家族構成も考えて、小さな子どもがいる家庭にはゼリーやジュースといった子どもに喜ばれるものがおすすめです。一人暮らしの家庭には量が多すぎず、日持ちするものなどが喜ばれます。マナーを守り、相手とのより良い関係を続けて行けるように、相手への心遣いを忘れないことが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です