お中元はお世話になった目上の方に贈るのが一般的

日ごろからお世話になっている目上の方に目下の人が贈るのがお中元で、お返しの品を贈る必要はないです。友人・同僚・兄弟などだと同じ程度の品物でお返しを行い、品を贈らないときはお礼を伝えるのが最低限のマナーです。親しい仲だとメールや電話でも良いですが、特に目上の方ならハガキなどで手書きのお礼状を贈った方がいいです。ビジネスでの取引先などたくさん数があるときは印刷でも良く、書き方は相手によって違いますが必須なのは届いたことを知らせる言葉とお礼です。

頂いた品物に大した気持ちも自分だけでなく家族、社員の言葉も一緒に添えることで形だけでなく気持ちが伝わります。他にもこれからも長くお付き合いを願う意味で、相手や家族の健康を気遣う文章を入れることも大事です。ビジネスだと「最後になりましたが、貴社のご発展と皆様のご健勝をお祈り申し上げます」といった文章で締めるのもおすすめです。お中元はお世話になった人へ日ごろの感謝を込めて贈る夏の挨拶のことで、元々道教の習俗の1つで旧暦だと7月15日になります。

この日に行っていた祭りに日本だと仏教の盂蘭盆会が混ざって、祖先の霊を供養する日になり江戸時代以降だとおぼんのお礼として親類やお世話になった方へ贈り物をする習慣が発展して現在の形になりました。お中元は猛暑の夏に贈るため、人気なのはビールやジュースなどの飲み物で他にもそうめんや夏の定番の西瓜、メロンやマンゴーなどの旬の果物も定番です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です